バッタのミイラが転がっていました

    昨日、ふだん締め切りにしてある窓を開けて、
    よく窓ふきをして掃除したのですが、窓の下のところに汚れがたくさんたまっていました。

    ウェットティッシュで拭いて掃除していたのですが、よく見ると虫のようなものが転がっています。

    確認したところ、ミイラ化したバッタの死体でした。

    ぎょえーー、と叫びそうになりましたが、
    ここはちゃんと片付けておかないといけないと思い、やっとの思いでティッシュで取ってゴミ袋に入れました。

    だいたい窓ふきをしていると、下のレールのあたりにいつも虫の死骸を見つけてしまいます。

    なんでこんなところでお亡くなりになってしまうのでしょうか。

    片付ける者の身にもなってもらいたいものです。
    虫はほんとに苦手なので、参ってしまいました。

    Comments are closed